保険をご検討の方へ?商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

金融犯罪に十分にご注意をお願い申しあげます。

お客さま各位

メットライフ生命保険株式會社

弊社の保険募集人、または保険募集人を名乗る者が、保険料の名目や架空の投資話で金銭を詐取する事案が発生しております。ご契約內容等に、ご懸念がございましたら、下記コールセンターまでご連絡くださいますようお願い申しあげます。

1.ご契約に関して

弊社は平成29年(2017年)7月以降、保険募集人が現金?小切手を領収する取り扱いを廃止しております。
ご契約時や各種手続きに際して、弊社の保険募集人が、例えば以下のような対応をすることはございません。

  • 保険募集人や代理店名での私製の領収証や名刺等を用いて、現金?小切手をお預かりしたり、弊社名義ではない口座を保険料の振込先としてご案內すること
  • お客さまよりカードや通帳、印鑑をお預かりするなどしてコンビニエンスストア、金融機関等での保険料の振込み手続きを代行すること
  • 契約者貸付金や解約返戻金等を原資に新契約の締結をお勧めし、振込先口座から現金を引き出させたうえで、保険料としてお預かりすること

2.投資や出資等の勧誘?斡旋に関して

弊社では、保険募集人に以下のような投資や出資等に関する紹介、提案、勧誘、斡旋は行わせておりません。

  • 弊社が取り扱っている商品のように偽り、債券?株式?會員権の購入を勧めること
  • 実在しない弊社の未公開株式に関する投資を持ちかけること
  • 弊社の生命保険とは関係のない高配當やノーリスク等をうたった投資性商品、仮想通貨、クラウドファンディングの紹介、斡旋を行うこと
  • 「海外で発行されている高利回りの私募債があり、購入のための紹介をする」と騙り、現金を収受すること
  • 保険募集人自身が経営する會社で発行する予定の私募債の購入を勧めて、現金を収受すること

なお、平準払の契約にもかかわらず、お申込み時に前納契約であるかのように見せかけ、前納保険料と偽って金銭を詐取する事例があります。前納保険料をお支払いいただいている場合は、「生命保険証券」や「現在のご契約內容のお知らせ」に、詳細を記載しております。ご加入された保険契約の內容に相違ないか、必ずご確認をお願いします。

上記のような手口にご注意いただき、ご懸念等がございましたら、下記コールセンターまでお問い合わせください。

<お問い合わせ先>

メットライフ生命保険株式會社 コールセンター

受付時間 月~土 9:00~17:00 日?祝日?年末年始休み

弊社ではお客さまが金融犯罪の被害にあわないようにするための施策の一環として、過去に弊社で発生した金銭を詐取する具體的事例を公表しております。下記は一例となりますので、お心あたりの場合は、弊社コールセンターまでご連絡をお願い申しあげます。

1.保険料を預かると騙り、受領した金銭を詐取する事例

保険募集人は、お客さまが現在保有されているご契約の継続保険料の支払いについて相談を受けた際、殘りの払込期間の保険料を前納する提案をし、前納保険料を預かると騙り、受領した金銭を詐取しました。
保険募集人は、お客さまより金銭を受領する際、自分で作成した振込依頼書、全期前納保険料の計算表およびその他の事項に関する書類をお客さまにお渡しして、自身の預金口座や弊社名に似せた法人名義の口座等に振込むようお客さまにご案內しました。お客さまは、やや懸念を抱かれていたもののお振込みされました。

2.契約者貸付制度を悪用し金銭を詐取する事例

保険募集人は、「ご契約の契約者貸付の貸付利率よりも、自身が勧める投資信託の利回りの方が高い」と説明し、架空の投資話を持ちかけて、お客さまに契約者貸付を行わせました。また、お客さまより巧妙に口座情報を聴取し、契約者貸付金をお客さまの預金口座より引出しました。保険募集人は、説明の際に、実在する証券會社で販売する投資信託商品のパンフレットを用いてお客さまを信用させて、それら金銭を詐取しました。

3.弊社のパンフレットや設計書を使用し、正當な手続きに見せかける事例

保険募集人は、當初、弊社商品のパンフレットや設計書を用いて説明を行い、あたかも正當な手続きのように見せかけて、架空の契約の申込み手続きを案內しました。お客さまから新契約保険料を預かると騙って現金を受領したり、代理店名義の口座への振込みを案內したうえで、自分で作成した領収証をお客さまに渡し、受領した金銭を詐取しました。

4.投資を騙り金銭を詐取する事例

円高に対する不安があったお客さまに対し、保険募集人は、「加入している保険契約を解約し解約返戻金を自分に預けてくれれば、それを原資として運用し、元本を保証しながら得られた利益を新たな保険契約の保険料に充當する」という架空の投資話を持ちかけました。
お客さまはその話を信用され、加入されていた外貨建の保険契約を解約し、円建の保険契約を新たに締結しました。その際保険募集人は、上記取扱に関する約定書をお渡しして解約返戻金相當額を詐取しました。

【関連情報】
生命保険協會のホームページにおいても、金融犯罪に関わる情報提供を行っております。
以下のリンクよりご確認ください。

http://www.seiho.or.jp/data/billboard/fraud/content01

嫩草影院,嫩草影院在线播放,嫩草影院高清免费